top of page
メカニックのガレージ
検索

ゴールデンウィーク前の点検はいかがですか?

ゴールデンウィークは、ドライブのベストシーズン。


各地に、車で出かける予定の方も多いと思いますが、

お車の状態は大丈夫でしょうか??


出先で、車のトラブルを起こすと楽しいドライブも、台無しに……。

なんてことにならないように、ゴールデンウィーク前の点検についてのお話です。


大型連休中は【バッテリー上がり】、【タイヤのパンク、エア不足】が多いようです。


連休中のJAFの出動事案で一番多いのがバッテリー上がり、次いでタイヤのパンク・エア不足だそうです。


森脇自動車では楽しい思い出と、大切なご家族を守るために、


【長距離ドライブ点検】をご用意しています。


(金額など詳しい内容は上記リンクからご覧ください。)




LINEでWeb予約では6カ月点検をお選びいただき、

ご要望欄に【長距離ドライブ点検】とご記入ください。





ゴールデンウィーク中に多いトラブル

 

①最も多いトラブルのバッテリー上がり(過放電)。


バッテリー内の充電が少なく、エンジンがかからない状態となります。

原因は「バッテリーの寿命」「長時間の放電」「普段あまり乗っていない事でバッテリーが弱っていた」など。

特に行楽シーズンは交通渋滞にはまりやすく、走行量が少なくなるのでバッテリーが充電されなくなります。

しかしエンジンはずっとかかっていて、更にエアコンの冷房を使用し続けている事で

蓄電量に対し放電量が多くなる為、バッテリー上がりが起こるというパターンが多くなります。


ゴールデンウィークは気温も高くなってくるので、クーラーを使う機会も増えバッテリーへの

負担も増えます。


また、バッテリーの寿命は2~3年と言われます。古いバッテリーは交換しましょう。

「あまり乗らないから大丈夫!」と勘違いされやすいですが、

充電もなくなりますし、バッテリーそのものが劣化していることもあります。


 

②タイヤのパンク・バースト(破裂)


タイヤの空気圧・溝は適正ですか?


実はタイヤのチェックポイントはたくさんあります。


空気圧と溝の深さは最低限点検していただきたいですが、それに加え下記の項目も重要です。


・空気圧

車の種類によって適正な数値が変わりますので、記載されている数値に合わせて空気圧の調整をしましょう。

運転席のドア部分に記載されている事が多いです。

また、高速道路を走行する場合は少し高めに調整します。


・溝の深さ

タイヤには溝があります。その溝の深さは1.6mm以上と定められています。

十分な溝が残っているか確認しましょう。


・傷やひび割れ、釘等刺さっていないか

何かが刺さっていたり、ひび割れがあるとじわじわと空気が抜けてくる事があります。

お出かけ前にはタイヤに異物が刺さっていないか確認しましょう。


・ホイールなどに歪みがないか、ボルトなどにゆるみはないか

ホイールが歪んでいると隙間から空気が漏れ出します。

ホイールの歪みの目視点検と一緒に、ナットのゆるみがないかも確認しましょう。


・タイヤバルブから空気は漏れていませんか?

バルブに劣化があるとここから空気が漏れたりします。

意外と見落としがちな場所なので気を付けましょう。


・スペアタイヤの点検

今はスペアタイヤが付いていない車も多いですが、スペアタイヤが乗っている車は

いざという時の為にスペアタイヤも点検しておきましょう!

もし、スペアタイヤに交換するとなると工具も必要です。

ジャッキ等、工具の点検も行っておきましょう。

  

タイヤの寿命は4~5年と言われています。

タイヤの原料はゴムなので年数経過とともに劣化していきます。


関連記事

すべて表示

クルマの冬対策

この時期になるとバッテリ上がりでのレスキューとバッテリー交換のご依頼が多くなるのですが、「なんでだろう...???」ということで、調べてみました。 冬場にバッテリー上がりが増える理由 そもそもバッテリー上がりとはどのような状態かと言うと、バッテリーの力が弱くなり電気の量が不足しエンジンがかからなくなることを指します。 ではなぜ冬場にバッテリー上がりが増えるかというと、 バッテリー内部では、バッテリ

Comments


bottom of page